体育科学習指導案 中学1年生「ボールを持たない時の動きを身につけて全員でサッカーを楽しもう」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数25
閲覧数2,159
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中学1年生の保健体育の指導案で、単元はサッカーです。
    「ボールを持たない時の動き」をテーマとして、GPAIを使い授業を展開していきます。
    全8つの指導案で構成されており、配布物もすべてそろっております。
    新学習指導要領に沿って、作成しております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    体育科学習指導案
    1 題材名 ゴール型種目 サッカー
    「ボールを持たない時の動きを身に付けて全員でサッカーを楽しもう!」
    2 単元の目標
    「ボールを持たない動き」やボール操作技能を個人の能力に応じて身に付け、作戦を生かしてゲームを行なうことができる。
    仲間と教え合ったり、励まし合ったりして練習やゲームに取り込むことができるようにする。
    ルールを守り、マナーを身に付け、勝敗に対して公正な態度をとることができるようにする。
    用具の管理に気を配り、自他の安全に注意しながら活動することができるようにする。
    3 運動の特性
    (1)一般的特性
      対戦するチームがお互いに相手のゴールを目指し、ドリブルやパスなどのボール操作で相手コートに侵入し、シュートを放ち、一定時間内に相手チームより多くの得点を競い合うゲームである。また、攻撃と守備の攻防の切り替えの場面が多くみられ、スペースの使い方や数的優位を作り出すなどのチームとしての戦術も求められる。
    (2)生徒からみた特性
     ボールを蹴るという基本的な技能を習得し、ねらった場所へボールがだせるようになったり、動きながらボールを正確に操作できるようになるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。