情報教育特論 レポート「保健体育科・保健分野(健康と環境)におけるコンピューターの活用」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数413
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      年 月 日
    情報教育特論課題 No.2  
          提出日:   年 月 日
    題目:「保健体育科・保健分野(健康と環境)におけるコンピュータの活用」
    所属:         氏名:       
    1.実験授業の目的 
     中学校学習指導要領案では、随所にコンピュータやネットワークの活用についての記述がみられる。「指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項」の中で、「各教科の等の指導に当たっては、児童がコンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段に慣れ親しみ、適切に活用する学習活動が充実するとともに、視聴覚教材や教育機器などの教材・教具の適切な活用を図ること」と示されている。
    また、保健体育科保健分野の目標は、「個人の生活における健康・安全に関する理解を通して、生涯を通じて自らの健康を適切に管理し、改善していく資質や能力を育てる。」と示されている。このような目標を達成するためにも、従来の教科書を中心とした教師主導の知識詰め込み式授業から改善していかなければならないと考える。
    コンピュータの活用は保健体育の分野においても、生徒の興味・関心を高め、知識や技能の習得にとどまらず、思考力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。