情報教育特論 レポート(情報活用能力の育成の視点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数198
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報教育特論 課題1
    情報教育特論 
    提出日:  年 月 日( )
    所属
    氏名
    <情報活用能力の育成の視点>
    ■情報の収集、判断、表現、処理、創造、発信、伝達など
    まず、情報化社会の現状はどうなっているのだろうか。
    「体系的な情報教育の実施に向けて」の資料によると、
    (情報化社会の進展)
    高度情報通信社会という言葉に違和感がなくなるほど,昨今の情報化の進展は著しく,我々の生活様式のみならず社会の様々なシステムを変更しつつある。その中で,我々人間が日常的に行っている様々な活動の多くが,結局は,情報の交換や処理にほかならないことを考えれば,今後の社会においては,一人ひとりが情報を効率的に収集したり,入手した情報を最大限に活用できる方法を考え,実践できることがまず第一に必要となってくる。
    (情報化の進展に対応した教育の必要性)
    こうした情報化の進展に学校も適切に対応していかなければならない。特に,21世紀の社会を築いていく子供たちに,高度情報通信社会の中で生きぬいていく力を身につけさせることは,これからの学校教育に課せられた重要な課題である。もちろん,社会の様々かつ急速な変化に対して,学校教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。