459初等教育原理ⅠⅡ(4単位目)word版合格レポート 2010年度 明星大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数167
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <4単位目>
    1、学級経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2、家庭教育の現状、問題点について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    459初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 
    (4単位目)
    ------------------<レポート課題>------------------------
    1、学級経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2、家庭教育の現状、問題点について考察せよ。
    1)学校経営において、近年見られる動向として、規制緩和と学校選択性が挙げられる。学校選択性導入が選ぶ、選ばれるという緊張関係を意識的に作り出すことによって、各学校が選択されるために他には無い特色を作り出すような努力を促進している。同時に、この選択性の制度目的は、市場原理と自己責任の原則を前提に、保護者が学校選択権を行使することで、子どもたちによりよい教育を保証することにあるという意図がある。学校選びは、保護者が子どもと話し合い、真剣に子どもの教育について考える非常にいい機会となる。
     自身が小・中・高等学校当時のことを振り返ると、小学校に関しては、徒歩10分以内に2つの小学校があったが、指定校制度に基づき指定校に通学していた。学校の評判の善し悪しに関わらず、いじめがあった場合、近隣地区他校に転校することが出来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。