757初等社会科教育法(2単位分)お買い得 word版合格レポート 2010年度 明星大学

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,245
ダウンロード数111
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <1単位目>
    1、初期社会科が目指したねらいと指導法の特徴について、今日の初等社会科の在り方と課題に関連して論じなさい。
    2、初等社会科が育むべき学力の特徴について、学習形態および「総合的な学習の時間」と体験学習に関連して論じなさい。

    <2単位目>
    1、社会科の指導において、主体的知識化と問題解決力の両者を培うためにはどうしたらよいか論じなさい。
    2、初等社会科の指導計画作成の留意点は何か、評価の意義およびその観点に関連させて論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    757初等社会科教育法  2単位分合格レポート
    (1単位目)
    ------------------------------------<レポート課題>------------------------------------------
    1、初期社会科が目指したねらいと指導法の特徴について、今日の初等社会科の在り方と課題に関連して論じなさい。
    2、初等社会科が育むべき学力の特徴について、学習形態および「総合的な学習の時間」と体験学習に関連して論じなさい。
    ----------------------------------------------<講評>-----------------------------------------------------
    ソクラテスの対話による問答法は、発問により無知を自覚させ真の知識へと導く方法であった。相互学習としての問答法は、学級全体の積極的働きかけを醸成し活発な
    集団思考へと導くために不可欠な方法である。これからの一斉学習による指導は、画一的な知識の注入ではなく、一人一人の社会認識力や思考・判断・表現力を育てるために、この問答法を有効に用いて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。