自殺論を学ぶ人へのメモ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数471
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自殺論を学ぶ人へのメモ
    現在、日本の自殺死亡者数は年間3万前後を推移している。厚生労働省による『人口受動統計特殊報告』が記録していた1950年の自殺死亡者数は年間で16311人、50年の間に自殺者はおよそ2倍にまで増えている。この増加傾向は戦後から続くものであり、増減を繰り返しつつも54年~60年の間に自殺者数2万人を、最近では3万人を超える数が自殺死亡者として表れている。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    年次 自殺者数 1950年 16311 55年 22477 60年 20143 65年 14444 70年 15728 75年 19975 80年 20542 85年 23383 90年 20088 95年 21420 2000年 30251 2003年 32109  現在、日本の自殺死亡者数は年間3万前後を推移している。厚生労働省による『人口受動統計特殊報告』が記録していた1950年の自殺死亡者数は年間で16311人、50年の間に自殺者はおよそ2倍にまで増えている。この増加傾向は戦後から続くものであり、増減を繰り返しつつも54年~60年の間に自殺者数2万人を、最近では3万人を超える数が自殺死亡者として表れている。
     デュルケームはその著書『自殺論』(1897)の中で、自殺者を大きく4つに区分している。自己本位的自殺、集団本位的自殺、アノミー的自殺、宿命的自殺である。では日本では、どのようなタイプの自殺が多いのだろうか。以下は厚生労働省が取りまとめた、警察庁生活安全局地域課による『自殺の概要』からの抜粋である。
    原因・動機 総数 総数 34427 遺書あり 家庭問題 971 健康問題 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。