家族制度の政治的背景についての小論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数485
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日の家族制度を考える上で、その問題は単に道徳的問題や法律的問題、経済的問題だけでなく、政治的な問題も伺える。明治の旧民法を参考にした上で、どのように家族制度が変容していったのかを述べたい。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     今日の家族制度を考える上で、その問題は単に道徳的問題や法律的問題、経済的問題だけでなく、政治的な問題も伺える。明治の旧民法を参考にした上で、どのように家族制度が変容していったのかを述べたい。
    明治の旧民法に表れる家の規範は、武士などの家父長的家族制度を模倣したものであるが、しかしながら、実際には引き継がれていないものがある。
    儒教的「考」の規範では、祖先祭祀を祭り、家の存続を第一に考えたものである。ここでは「考」を支える「恩」との関係が軸にある。「恩」とは、養育の恩、結婚の恩、相続の恩などである。以上のような「恩」に対して子が背負う「考」とは父母を敬うこと、家を拡大すること、親を養うこと、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。