非正規従業員についての小論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数514
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    格差社会の定義としては、富裕層と貧困層とが二極化するという点が挙げられる。ここでは貧困層の中でも、非正規労働者(パートタイム労働者や、フリーター、派遣社員)に焦点を当て、貧困層の是正案を推察したいと思う。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     格差社会の定義としては、富裕層と貧困層とが二極化するという点が挙げられる。ここでは貧困層の中でも、非正規労働者(パートタイム労働者や、フリーター、派遣社員)に焦点を当て、貧困層の是正案を推察したいと思う。
     
    まず、グラフは総務省の労働力調査「雇用形態別雇用者数」から、正規社員と非正規社員の推移を示したものだ。
     このグラフからわかる通り、今日では非正規労働者が非常に増えていると言わざるを得ない。平成元年度、非正規労働者数は817万人だった。しかし平成20年度になり、その数は倍以上の1737万人に増えている。率に直すと、平成元年度では非正規労働者の割合は19.1%だが、今年は34.0%となっている。橘木氏は、これを格差拡大の大きな要因と言っている。「正規労働者と非正規労働者の間には、一時間あたりの賃金の格差が存在します。(中略)このように、もともと賃金が低い上に、不安定な立場に置かれている非正規労働者が増えれば、それは格差の拡大につながるわけです」(橘木 2006:40-42)
    つまり、賃金が低く、また雇用形態により不安定な立場である非正規労働者の増加が、格差社会の拡大を担っていると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。