日本国憲法におけるインターネットと表現の自由の原理

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数482
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    日本国憲法における「インターネットと表現の自由の原理」
    日本国憲法第二一条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」
     現代の情報化社会において、インターネットは必用不可欠ものもで切っても切り離せないものであることは言うまでもない。世界中でコンピュータが普及して、より汎用性が高くなり多くの人が利用することができるようになったが、その分多種多様な人が本来かかわりを持てない距離にいるにもかかわらず、関係をもつようになった。このことは、メリットもあるが、当然デメリットも存在する。コミュニケーションの手段と..

    コメント1件

    どらえもソ 販売
    原稿用紙40×40で3枚分
    2010/07/20 19:54 (6年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。