日本国憲法における平等

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数386
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     日本国憲法における平等
    現在、世界においても男女の平等の獲得が叫ばれている。日本国憲法において、男女は平等とされるが、本当に男女平等な社会が築かれているのだろうか。
     まず、日本国憲法14条1項の「法の下の平等」において、国民の平等は保障されていることとなっている。日本国憲法14条1項の「法の下の平等」とは、人はみなその価値において等しい存在であるという人間平等の近代人権観念に立脚しており、人間のもつ属性や価値の相違を前提にした観念だと言える。
     しかし、個々の人間は、「人間」という属性以外、全ての人に共通する属性を持たないという現実もある。例えば、男女の性別、国籍や人種、年齢など、全ての人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。