国際政治学(2000字)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数122
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    法学法律政治国際通信

    代表キーワード

    国際政治学法学

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    湾岸戦争が起こった背景
    イラン・イラク戦争によるイラクの損失は、600億ドル以上もの莫大な戦時負債が残り、イラクの財政を圧迫していた。イラクはクウェートの資金や、1000億バーレルもの石油埋蔵量を狙って、①OPEC割当量を超える増産により原油価格が値崩れしたこと、②イラクも領有を主張するルメイラ油田盗掘による24億ドルの損害、③イラン・イラク戦時中の債務帳消し要求を行うが、受け入れられず不満を抱いていた。一方、クウェート側ではイラクの嚇しを伴う要求に対する反発や、政府が無償援助した約100億ドルの返済要求運動が加速、イラクに返済要求するなど外交的に衝突状態が続いていた。イラクはクウェート北部国境に約10万のイラク軍を集結させ、クウェートへの威嚇を開始する。OPECは原油価格を18ドルから21ドルに引き上げるなど懐柔策をとるが、イラクはワルバ島・ブビアン島の貸与要求を行うなど要求はエスカレートする。遂にイラクは1990年8月2日、クウェートに侵攻を開始し、クウェート全土を占領した。国連は同日、即時無条件撤退を求める安保理決議660号を採択するも、イラクは撤退せず国連の勧告を無視する結果と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。