さきち

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数201
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    社会教育特講IA
    社会学部社会学科3回生
    C088003小西竜幹
    今、子どもたちの安心できる居場所がどこにあるのかが問題視されています。本来は一番、安らげるはずである家庭でさえも子どもたちにとっては、居場所があると言いきれないのが現状です。家庭内でまず、問題とされるのは虐待やネグレクトなどが一般的な例として挙げられます。「虐待」と一言で言っても、その中には子どもに対して暴言を浴びせるなどの精神的虐待であったり、“しつけ”と称して、過度な暴力を与える身体的虐待があります。また、幼少期に虐待を受けた子どもたちが成長し、父親・母親世代となると、わが子にも虐待をするという悪循環が起こってしまうという統計も発表されています。虐待の原因として考えられているのは、いくつかの理由があります。まず1つ目は、今の親たちが“テレビゲーム世代”であり、暴力や暴言などの過激な表現に幼少のころから密接に関係があるということです。2つ目は、今の若者はキレやすいというデータが残されています。キレやすいがために、我慢することが難しく、長い目で見るということができずに、何かあればすぐに子どもたちに手が出てしまうのです。3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。