海辺のカフカ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数318
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    文化社会学I
    社会学部社会学科3回生
    c088003小西 竜幹
    「海辺のカフカ」
    この物語は、15歳の家出少年である田村カフカくんと、知的障害の老人ナカタさんの物語が並行して書かれていく。
     田村カフカくんは、幼い頃に両親が離婚しているようで、父親とふたりで暮らしていた。父親は小説中には、はっきりとは登場しないがどうも育児、教育ということに関して半ば意識的に積極的に放棄しているような印象を持たせることを田村カフカくんは語るように感じる。田村カフカくんは、この父親を殺したいほど憎んでいる。そして家出を決意するのだ。これは憎んでいる反面といえるだろう。田村カフカくんの物語のパートは家出して以降の、この少年の遍歴を辿る。一方、知的障害の老人ナカタさんのパートは、奇妙に童話的にマンガ的に進んでいく。ナカタさんは戦時中下で小学生であったときに、疎開していた先で奇妙な出来事に巻き込まれ、読み書きの能力を初め、ほとんどすべての知的能力を失ってしまう。長い間、家具職人として働いていたが、年老いた今は、年金生活をする傍ら、ささやかな収入を、家出した猫の捜索のアルバイトから得ている。ナカタさんは読み書きの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。