聖徳大学 社会Ⅳ 第2課題第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数81
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
     育児の負担をいかに軽減するかについて、政府の育児・子育て支援の取り組みの経緯から述べる。
     わが国において、政府が、出生率の低下と子どもの数が減少傾向にあることを「問題」として認識し、子育て支援の対策に取り組み始めたのは、「1.57ショック」がそのきっかけとなった1990(平成2)年以降のことである。1.57ショックとは、1990年になって、前年(1989(平成元)年)の合計特殊出生率が1.57と、「ひのえうま」という特殊要因により過去最低であった1966(昭和41)年の合計特殊出生率1.58を下回ったことが判明したときの衝撃を指している。1.57ショックを契機に、厚生省(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。