聖徳大学 社会Ⅳ 第1課題第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数81
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題
     少子化高齢化の進行は、今後、社会全体の様々な局面において、計りしれない大きな影響を与えると考えられる。そこで、少子高齢化が社会経済に及ぼす影響について述べる。
    少子化高齢化の進行が社会面に与える影響は、住民への基礎的サービスの低下、家族形態の多様化、子どもの健全育成に対する影響への懸念など、主に3つ考えられる。
     まず、住民への基礎的サービスの低下についてであるが、国の調査によると、過疎化、高齢化が広範囲で進行し、65歳以上の人口割合が3割を超える市町村数が現在の1割程度から2025(平成37)年には、約6割程度になる見通しとなっている。このため、現行の地方行政体制のままで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。