スポーツ論入門 科目最終試験 6題セット 80点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,470
ダウンロード数145
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スポーツ論入門の科目最終試験の過去問6題の解答です。テスト勉強に使ってください。私は4番が出題されて80点でした。重要単語を色分けしています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スポーツ論入門の過去問6題の解答を作りました。試験勉強に使ってください。
    この科目は試験用紙を半分以上埋めるなどの制限がなく、赤字で書いてあるキーワードを抑えていれば合格できると思います。私は4番の問題がでて、80点でした。
    1、ウェイトトレーニングについてその目的、方法を記述せよ。
    2、水質汚染の指標の一つであるBODについて記述せよ。
    3、人の動作がなされたときの協同筋と拮抗筋との係わり合いについて記述せよ。
    4、球関節の形状と働き、その代表例の関節名を記述せよ。
    5、運動に伴う人体の酸素負債とその消費について記述せよ。
    6、心臓、瞳孔、胃腸壁に対する交感神経、副交感神経の働きについて記述せよ。
    1、ウェイトトレーニングについてその目的、方法を記述せよ。
    トレーニングとは体力向上のために身体に刺激を与えるということである。質・量の両面から考えたオーバーロードが必須となってくる。各個体に応じた一定水準以上の負荷を与えるということで筋力を強くするため、筋にオーバーロードを与えるのがウェイトトレーニングである。これには等張力性筋収縮による(自由トレーニング)等尺性筋収縮による(静的トレー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。