教育方法学第2設題最新版(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数211
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年提出の最新版です。A評価いただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
     知識社会とは『知識』が生きていく上で重要な価値をもつ社会のことである。現在コンピューターやインターネットの普及により、昔に比べ知識の価値はどんどん重要になってきている。その知識を子ども達に教える場所が学校であるため、教師はそのことをしっかり理解して教育を行わなければならない。
     現在、社会の状況はめまぐるしく変化しており、知識が重要な意味をもつ社会であり、これからもその重要性は増していくと考えられる。そのため学校教育では適切な知識を教えていかなければならない。しかし、小学校のような初期の段階で学んだことが、社会に出たときには必要ない知識になっているかもしれない。そのため今までのように受動的に知識を詰め込ませる教育を行っていては社会が劇的に変化し新たな知識や技術が求められたときに対応できなくなってしまう。そのようなことにならないため、新学習指導要領では従来の基礎知識を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。