教育社会学第1設題(A評価)最新版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数560
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年提出の最新版です。A評価です。参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     学歴社会とは『社会における社会的地位・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会』を意味すると考えられており、人間の本質を無視して学歴だけでその人を判断してしまうという社会は批判されることも多い。かつての日本は一流大学を卒業すれば一流企業に就職でき、その後一生安定した人生が保証されるといった典型的な学歴社会だった。しかし現在の日本では学歴社会の崩壊が叫ばれている。一流大学を出て一流企業に就職できても、リストラや倒産などで職を失うといったケースが見られるようになってきたのだ。また、一流大学を出た人物が汚職、セクハラなどで職を追われるケースも見られる。学歴の高い人が内面的にも優れているとは限らないという批判は正しいように思える。しかし学歴社会がさまざまな教育問題の全ての原因であるとはいえない。学歴社会は古くからさまざまな批判をされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学間の格差や学歴による差別に対して批判されてきた。このように古くから批判されてきたにも関わらず、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。