【期間限定値下げ!】保険総論 分冊1 0825 保険制度成立の条件を述べた上で保険の仕組みを幅広く記述してください。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数989
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定で返却されました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代社会のなかで保険は一般市民に限らず、企業などでも欠かせないツールになっている。では、保険とは一体なんだろうか。どのような仕組で運営されているのであろうか。本論ではこれを中心に論じていきたい。
     保険制度とは多数の財産所有主体が集合していずれ起こるであろう危機に対して財産の保障手段を確保することである。しかし、保険制度はいずれの時代にも成立し、いかなる危険に対する財産の保障手段となる制度でもない。まずは保険制度の成立のための前提と制約について挙げたい。
    1.経済的前提条件
     ①保険制度が成立するには貨幣経済と信用の発達が必要
    前述にあるように古代社会や奴隷社会では保険制度は存在しなかった。やがて封建社会となって物々交換が行われて以降、貨幣経済が発達してから、かつ運営には信用制度の発達が必要であった。社会的秩序が整い、企業の経営技術も発達して、長期の資本取引が安全に行われるようになると、多数の商人がある一人の商人を信用して彼らの劇金を託すことができて、保険制度が成立するようになった。
     ②加入者の劇金能力が必要
    保険料は比較的低廉でなければ保険団体を形成するのに必要な多数の財産所有主..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。