期間限定値下げ!【保険総論】分冊2 0825 生保・損保会社の販売について、最新の動きをも踏まえた募集と危険選択について幅広く記述してください。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数531
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定で返却されました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保険企業の行動原理は資本の論理に規定される経営主体の論理によって利潤最大化を追求していくことであるから、保険企業は、常に保有契約高の拡大に努めなければならない。
     生命保険の需要は、潜在的かつ抽象的な性質であるので、生保企業が販売店舗を設けて保険利用者の来店を待つという販売方法では、なかなか埒があかない。そこで営業職員(外務員)の個別または職場訪問による積極的な保険の勧誘という手段によらざるを得ない。また実際に大手生保会社ほどその営業組織の第一線である支社・営業所にできるだけ多数の営業職員を配置して販売の促進にあたらせている。
     生保商品の販売活動の主力である営業職員による訪問販売の他に、①店頭販売、②通信販売、③業務提携販売といった販売チャネルが存在するので以下に記したい。
    頭販売
    この販売方法は、生保会社の本・支店等の店頭またはデパート・スーパー・ストア等の出店に来店した顧客に生保商品を販売したり、またデパート・スーパー・ストアおよびクレジット会社等と募集契約を結び募集を委託して来店者に販売する。
    ②通信販売
    この販売方法は、新聞、雑誌またはダイレクト・メールに商品広告を行い、申..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。