0023 政治学 分冊1 圧力団体について機能・活動実態を考慮してこれを評価しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数484
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    0023 政治学 分冊1 圧力団体について機能・活動実態を考慮してこれを評価しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    圧力団体について機能・活動実態を考慮してこれを評価しなさい。
     現代社会において都市化が進行する中、かつて人間生活の基本的枠組みをなしていたコミュニティが崩壊し、代わって都市において 人々が共通の利益で結びついて作る利益集団が台頭することになった。経済成長による利益集団の噴出が進行し、多元的な政治過程の形成が余儀なくされていくようになる。集団の噴出は、大衆の組織化と、その積極行動を示している。つまり、行政過程において、利益集団が自らの利益を守るために姿を現し始めたのだ。そしてそれらの中には、特に政党や政治家あるいは行政機構などへ不断に働きかけることで自らの特殊利益を維持・拡大しようとする私的な団体、すなわち圧力団体も数多く見られるようになった。
     この圧力団体について、政治学者のキー(V.O.Key)は、政党との違いを意識しつつ「候補者を指名したり、政府を運営する責任を引き受けることによるのではなく、政府に影響を与えることによって自らの私的利益を促進しようとする団体」と定義している。ここで政党とは、候補者を指名し、政府を運営する責任を引き受ける役割を持ち、権力の獲得・維持をめざすため、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。