w0351 児童福祉論Ⅱ 第一設題(A判定)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数209
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    設 題 児童福祉の法体系及び実施体制について論述しなさい。(法律の最近の改正には特に注意を払うこと)。
     近年、児童・家庭を巡っては「児童虐待」や「家庭内暴力」「少年犯罪」等、多くの事件が報道されている。また、学校生活に於ける「いじめ」「不登校」「引き籠り」や「合計特殊出生率の低下」に伴う少子化の進行等、問題が多様化する傾向にある。児童・家庭に適切な社会福祉サービスを提供出来る法体系の構築が必要である。
    ①児童福祉法…「児童福祉法」は児童福に関する基本な法律として、1947年に制定され、翌年1月より施行された。児童福祉の理念として、「すべて国民は、児童が心身共に健やかに生まれ、且つ、育成されるように努めなければならない」等とした。
     児童福祉法は、戦後間もなくの制定以来、基本的な見直しは行われておらず、この為に「少子化の進行」や「家庭・地域の子育て機能の低下」、「児童虐待の増加」「離婚」の増加等、社会現状を踏まえた対応として、1997年に大改正が行われた。この改正は「保育施設」「養護児童施設」「母子家庭施策」の見直しが柱となっている。
     我が国では、少子化や核家族化の進行等により、地域..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。