w0103 社会福祉史 第二設題(B判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数359
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題 福祉発展の三つの段階について、各段階の特徴をまとめ、特に社会福祉が成立する第三段階の社会の現代化について説明しなさい。
    福祉には福祉発展の三段階があり、「生存の目的」あるいは「生活の価値」を意味する福祉は、現代になりようやく生活支援の意味を持つようになる。それは現代が、人間の生存、生活を保障する社会共同と人間を解放する自由による個人の自律性とを共存させるようになったからであり、すべての人が自律的に全ての人の生活支援に参加するようになったからである。この事は、福祉の発展を人間解放の過程に位置付け、人間解放の過程を社会共同の展開にもとづかせる事を意味した。それは、「社会共同が人間解放を抑制する段階」から、「人間解放により社会共同が分解する段階」を経て、「人間解放の為に社会共同が再生される段階」を三段階に示す。
    この三段階は、人間にとって「自由が抑制される段階」「自由が開花される段階」「自由の段階」が社会的に保障する段階を意味すると共に、生きる価値を意味する福祉にその価値ある生活への支援の意味を含ませるようになる事である。
    第一段階は、個人の自律的判断を認めない共同体支配とその史観を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。