w07590 社会福祉援助技術演習Ⅰ 第一設題(A判定)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数725
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題 ソーシャルワーカー(社会福祉士)を目指すうえで、社会福祉援助技術演習(相談援助演習)を学ぶ意義と目的について述べよ。
     まず、社会福祉とは、利用者の生活支援を目標にした施策の総称である。社会福祉は、制度や施策として整備される存在するだけでは意味がない。社会福祉援助活動を通じて初めて目的が実現される。そして、「ソーシャルワーク」とは、「社会福祉援助」等を表す言葉として用いられる。ソーシャルワークは、人間関係に関する科学的な知識と技術を基礎にした専門的福祉サービスの事であり、個人・グループ・地域が、個人的もしくは社会的な満足感と自立を遂げる上で有効な手段といえる。
    ソーシャルワークを実践する社会福祉士とは、「専門的知識・技術を持って、身体上・精神上の障害のある事 又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言・指導・行政及び支援サービス事業所との連絡、調整、その他の援助を行う者」となる。ソーシャルワーカーには援助を必要とする人たちの「生存権」を保障すると共に、その個性を尊重し、発達の可能性を最大限に保障する等の高い倫理性が求められる。そして、社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。