w03330 社会福祉援助技術論3 第1設題(B判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数227
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    個別援助技術の構造と機能について述べよ。
    まず、社会福祉援助活動とは何なのか、社会福祉援助技術活動(ソーシャルワーク)の概念とは。制度として社会福祉は、人間に対してある目標への行動に動機を与え、福祉的生活の条件を整備する事になる。しかし、それはあくまでその目標達成への仕組みであり、制度自体が人間の行動を目標に叶うように統制・操作し、利用者を自動的にコントロールして、必要なサービスを提供し、援助しる力を持っているわけではない。それは人手を介した社会福祉援助活動という専門的な社会福祉援助活動という援助技術を通じた働きによって、初めて本来的に機能するということである。その援助機能を担うのがソフト福祉としての社会福祉援助活動の役割であり、この援助という固有の価値が実現させる方法が社会福祉援助活動にほかならない。
     次に、実際に社会福祉援助活動を行う際の社会福祉専門職倫理であるが、ケースワークの倫理感という価値が非常に重要になってくる。個別援助技術の目的に沿って援助者が実践を進めるうえで、常に指針となるものがある。この指針があることによって、援助者は支援過程において、何らかの意志決定を下..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。