w0101 現代福祉社会論 第一設題(B判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数507
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題 政策・制度としての社会福祉と実践・労働としての社会福祉のそれぞれの意義と関連、課題について述べなさい。
     ⇒社会問題とはルーズな使い方をすれば、政治問題・経済問題・教育問題・文化問題と広く人々の関心を集めたものを社会問題と呼ぶ。しかし、これらと相対的に区別された社会問題は人間の生存と発展を脅かし、妨げているという点と共同生活のルールを侵害するという点に具体的に現象したときに使われるものである。また社会問題を一般的かつ形式的に定義するとすれば社会の維持・再生産を妨げたり、危うくしたりする諸現象・諸事態の事をいう。
    社会問題を3つのカテゴリーに大別すると第一は階級、階層別の社会問題で、資本主義社会の維持・再生産の仕方から必然的にもたらされる勤労者の労働・生活・権利に関わる諸問題。第二は問題別の社会問題で通例・階級・階層別の社会問題の内容でいくつかの階級、階層に共通またがって成立しているものか住宅問題、貧困問題といった具合にまとめられるものと、色々なハンディキャップを共有する人々を社会層でくくった老人問題、障害者問題といったものをふくんでいるもの。第3は生活の共同的再生産に生じている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。