退職所得の意義とその適用関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数301
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    退職所得の意義とその適用関係
    退職所得とは
     退職所得とは、所得税における課税所得の区分の一つであり、退職手当、一時恩給その他の退職により一時に受ける給与及びこれらの性質を有する給与にかかる所得をいう(所得税法30条1項)。これ以外にも、過去の雇用関係や勤務関係を前提として退職時に支給される一時金等のうち、退職取得とみなされるものもあり、これらをみなし退職所得という。
    退職所得の性質
     退職所得は、給与取得を同じく勤労性所得の一種である。しかし、給与所得は労働の対価であるが、退職所得は長期間の労働に対する対価であり、すなわち長期間の労働に対する後払い的な性格を有するものである。
     これを労働者の側からみると、退職後の生計維持のための原資となるべく所得であるということが言える。このような退職所得の性質を鑑みて、退職所得に対しては、課税上の配慮を行っているものであるということができる。よって、所得税法上、退職所得は給与所得とは別の所得類型とされているものである。
    退職所得の意義
     退職所得は終身雇用制 を前提とし、長期間雇用された労働者が退職後に生計をさせる根本としてわが国に定着している習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。