相談援助の展開過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,359
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境情報社会援助問題評価能力支援アセスメント

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助とは、利用者と福祉・保健医療サービス提供者などとの連絡と調整を行うことである。援助活動は利用者からの援助の申し出から終結に至るまで、様々な専門知識・技能・手法を用いて援助を試みるものであるが、実践においてはケース毎に違った展開をみせる為、柔軟な対応をしていかなければならない。ここでは相談援助の展開過程を6つの段階に分けて、それぞれに述べていく。
    1.インテーク(受理)
    インテークは利用者と援助者とが出会い、援助関係を築く最初の局面である。インテークの段階では利用者の基本情報を得ることが重要になるが、なにより利用者との信頼関係を築く重要な過程である。情報収集は必要最低限に留め、利用者のペ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。