社会福祉法の改正

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,265
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉士制度及び介護福祉士法は昭和63年の制度施行後、約20年間にわたり抜本的な見直しは行われてこなかった。しかし、その間社会福祉を取り巻く環境は平成17年の介護保険法の改正、平成18年の自立支援法の施行などにより大きく変化した。こうした福祉ニーズの多様化・高度化に対応し、人材の確保・質の向上を図る目的で平成19年に社会福祉士及び介護福祉士法は大幅に改正された。社会福祉士法改正のポイントは以下の4点が挙げられる。
    1点目として「定義規定の見直し」が挙げられる。福祉サービスが措置制度による提供者本位の仕組みから契約に基づく利用者本位の仕組みへと転換が進み、サービスの利用支援、成年後見、権利擁..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。