家族療法とシステム思考

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数434
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「システム」とは、ある一定の法則や秩序をもった集まりをいい、家族療法は家族を一つのまとまりをもったシステムとみなしたうえで、その家族を治療の対象としている。以下、家族療法の基本となるシステム思考とその背景となるシステム理論について詳述していく。
     社会福祉の実践をめぐる実証的研究は延々と積み重ねられ歴史的にも膨大なものがある。しかし、実証的研究で得られた理論と実践との間に横たわる溝は一向に埋めることはできなかった。何故なら、それらは、制度・政策、実施計画、方法など統合的な視点をもたず、現実社会とそこで生活を営んでいる人間とを関連づけて考察する視点を持っていなかったからである。また、方策展開への..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。