中央大学通信教育2009年保健理論第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数301
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学通信教育学部、レポート課題、合格レポート。文字数等は御自身の判断にて調整して下さい。(参考程度・論点把握用)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2009年保健理論
     第2課題
    評価C はじめに、エイズとは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染して、潜伏期間を経て発症すると後天性免疫不全症候群(AIDS)になります、HIVとAIDSは同一に思われがちですが、前者はウイルス名で後者は病名です。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染に感染すると1~2週間程で風邪によく似た症状が現れますが、数週間で症状は治まります。その後半年~10年程の潜伏期間を経て後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症します。一度発症してしまうと免疫力が著しく低下する為に、健康な状態では感染しないようなカビ・ウイルスにより感染症を起こしてほぼ100%の確立で死に至ります、現在では発症を抑える薬やヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑える薬などで延命効果が確認されています。以上の内容をより詳しく考察します。
    発生源は、まだ仮説の段階である。もっとも有力ではないかと思われる仮説を以下にまとめてみた。チンパンジーのSIVが人間に伝播されて、HIV-1の起源となったのであろうし、一方HIV-2は、スーティマンガベイのSIVに由来するであろうとされている。SIVは、それらに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。