中央大学通信教育2009年保健理論第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数299
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学通信教育学部、レポート課題、合格レポート。文字数等は御自身の判断にて調整して下さい。(参考程度・論点把握用)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保健理論2009年度
     第1課題
    評価B
    1はじめに、鳥インフルエンザを考察するにあたりインフルエンザとはどのような病気で鳥インフルエンザと人インフルエンザはどのように違いそして何が脅威で治療方法はどのようなものか、またどうすれば予防できるのか教科書をはじめ参照文献をもと比較しながら考察します。
    2①インフルエンザとはインフルエンザ・ウイルスよる急性の感染症である。インフルエンザ・ウイルスはRNAウイルスで、A,B,C型があります。「その内A型インフルエンザ・ウイルスには、H1型からH15の亜型と呼ばれるタイプがあり、これらはカモなどの水鳥に日常的に感染しながら自然界で維持されている」注鳥インフルエンザの脅威14症状としては、インフルエンザ・ウイルスは人の呼吸器粘膜細胞に感染し増殖する。その細胞が破壊されるまでは無症状で、これを潜伏期間という。1~3日の潜伏期を経て高熱、頭痛、関節痛、咽頭通、咳などの症状が出現し、約1週間で治るのが普通であるが、抵抗力がない場合に時に肺炎を併発することがある。普通の風邪に比べインフルエンザの方がより重度である。上記はヒトインフルエンザでありさらに重篤な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。