「Martin Luther King, Jr.」について日本語で要約した上であなたの考えを述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数420
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1950年代、第二次世界大戦も終わり、自由と平等が実現されたはずのアメリカで人種の不平等が続いていた。南部の多くの州で、黒人を中心にした人種による差別を行い、更には選挙権さえも彼らに与えなかった。この差別撤廃を目的とする、公民としての権利を尊重した運動である「公民権運動」に立ち上がったのが、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「 Martin Luther King, Jr. 」 について日本語で要約した上であなたの考えを述べよ。
     1950年代、第二次世界大戦も終わり、自由と平等が実現されたはずのアメリカで人種の不平等が続いていた。南部の多くの州で、黒人を中心にした人種による差別を行い、更には選挙権さえも彼らに与えなかった。この差別撤廃を目的とする、公民としての権利を尊重した運動である「公民権運動」に立ち上がったのが、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアである。
     キングは、非暴力的な方法で、アメリカの黒人に対する社会的且つ政治経済的な平等を得るために生涯をささげた。このため、彼は、人種差別主義者により激しく攻撃され、1968年に暗殺された。1950年代から死に至るまで、キングは公民権運動の指導者となり、このことが、あらゆる人種の平和に対する意識を高めた。1964年、キングは、徹底した非暴力的な活動と社会的革命を起こしたことが評価され、偉大な栄誉である「ノーベル平和賞」を史上最年少で受賞した。
     1929年、キングは、ジョージア州アトランタの黒人牧師の息子として生まれた。彼は、15歳で高校を卒業して、医..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。