P6302 米文学史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数166
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
     エドガー・アラン・ポーは編集者としての手腕ばかりでなく、かれの詩、短編小説、批評の三つの分野にわたる創作意欲はすさまじいものがある。
     まず、短編小説について述べると、ほとんどが雑誌に寄稿されたもので、『怪奇幻想物語集』(Tales of Grotesque and Arabesque,1840)と『短編集』(Tales, 1745)にまとめられている。そして小説は、(1)恐怖をねらったもの、(2)美的または詩的なもの、(3)推理もの、の3種類に分けられる。
     (1)恐怖をねらったものとしては、「びんの中の手記」(M.S. Found in a Bottle,1833)や、「ライジア」(Ligeia, 1838)、現実と幻想の交錯する中で恐怖の効果をねらった「アッシャー家の崩壊」(The Fall of the House of Usher, 1839)、「ウィリアム・ウィルソン」(William WIlson, 1839)、「メールストロームの旋渦」(A Descent into the Maelstrom, 1841) ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。