Z1305 教科教育法地理歴史 第1設題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数528
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習指導要領・地理Bの内容(3)の「ク 民族・領土問題の地域性」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp12にある3つの社会科観・P50にある「北方領土は誰のもの?」の授業と関連させて説明しなさい。
    Ⅰ.私の考える地理授業のあり方
     現代社会では、グローバル化によって人々の移動が活発化し、多文化主義や多文化共生をめぐるさまざまな問題点が顕在化している。労働を求めて移動する労働移民は世界中で増加傾向にあり、言語、文化、法律、生活保障、労働契約など、私たちの日常生活にごく間近な関心事として浮上している。このように移民をはじめとする人の移動は、日本のみならず世界中で同時多発的に起きている現象であり、民族・国家・領土問題を扱う地理領域では無視できない議題である。「人を通して地理を考えること」、「自国と世界をつなぐ問題に目を向けること」、「そこに発生する諸問題をどうしたら解決できるか考えること」、こうした点が私の考える地理授業の理想のあり方である。
     本稿のテーマである「民族、領土問題の地域性」の問題は学習指導要領によれば、「人種・民族と国家との関係、国境、領土問題の現状や動向を世界的視野から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。