地誌学 第2設題 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数543
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境アメリカ日本経済地域社会学校発達自然自動車

    代表キーワード

    地誌学

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ合衆国について、自然環境と経済活動を中心とした地誌を作成せよ。
     本稿では、アメリカ合衆国の自然環境と経済活動をめぐる地誌を作成する。その際、自然環境の違いによる農業と工業の地域分布に注目しながら論述する。
    Ⅰ.アメリカの自然環境
    1.地形
     アメリカは、日本の国土の約25倍の広大な国土を持つ。図1からもわかるように、アメリカの地形は、西部、中央部、東部で大きく異なっている。
     図2は北アメリカ大陸の地形を、おもに山脈と河川に注目して図解したものである。西部には、高くけわしいロッキー山脈が南北に連なる。ロッキー山脈とシェラネバダ山脈に囲まれた地域は大盆地(グレート・ベースン=Great Basin)と呼ばれる大乾燥地帯である。この地域には海に通じる川がなく、塩分濃度の高い内陸湖が点在する。大盆地の北の河川は太平洋に通じ、大盆地とロッキー山脈のはざまを流れるコロラド川はメキシコ国境を越えてカリフォルニア湾に注いでいる。
     中央部は、乾燥した草原地域のグレートプレーンズや、土地の肥えた草原地域のプレーリーが分布し、中央平原をミシシッピー川が流れている。ロッキー山脈とアパラチア山脈に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。