752 初等図画工作科教育法 合格レポート (2単位分)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,695
ダウンロード数97
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    752 初等図画工作科教育法Ⅰ 1単位目
    <課題>
    1. テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1,000字程度に大意要約せよ。
    2. テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章内)の「1 教材研究に基づく学習の構想」から「2 指導案に必要な記述事項」までを、1,000字程度に大意要約せよ。
    <講評>
    1.2. 丁寧に考察し、大意要約なされています。

    752 初等図画工作科教育法Ⅰ 2単位目
    <課題>
    1.   テキスト内の「図画工作化の内容と構成」(第2章 第2節)について、【共通事項】を中心に1,000字程度に大意要約せよ。
    2.   テキスト内の「図画工作化の評価」(第4章)を読み、「5 評価の観点と評価基準の作成」の内の「(1)評価の観点とその趣旨」の①~⑤までを800時に大意要約し、200字程度で教育評価の必要性についての私見を述べよ。
    <講評>
    1.2.  造形圧胴における子どもたち一人ひとりの心と顔と手の動きが大事です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    752 初等図画工作科教育法Ⅰ 1単位目
    <課題>
    テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1,000字程度に大意要約せよ。
    テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章内)の「1 教材研究に基づく学習の構想」から「2 指導案に必要な記述事項」までを、1,000字程度に大意要約せよ。
    <講評>
    1.2. 丁寧に考察し、大意要約なされています。
    <レポート>
     図画工作科教育の意義や目的の基本的命題は、「造形的な表現活動とはいかなるものか」、「指導可能な事とは何か」である。図画工作活動は、豹変活動と鑑賞活動による技能教育・知育・美術である。従って、図画工作科は、小学校学齢期の児童に向け、造形的な制作あるいは鑑賞の活動を総称した「造形表現活動」である美術教育であるといえる。
    図画工作科を設ける意義を考えると、造形とは、物的材料に描写性・主観性に支えられた人為的変更を加える事により幻影が生じ、新たな構造や機能が生まれる事を指す。また、幻影は感覚・知覚的にどのように見えているのかという形式的幻影と、心象的にどのように映っているかという内容的幻影双方の作用により、表現活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。