教育方法学 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数118
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育は極めて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』
     現在、わが国の教育は小学校から大学にいたるまで大きな変革の時期を迎えている。学力、性格、学習意欲等の児童生徒の実態や施設設備が多様化し、教師はそのような環境で授業を展開しなければならない。また、子どもたちはコンピュータやインターネット、テレビの報道を通して絶えず情報を手にすることができる環境で生活しており、このような子どもの実態に対応して、期待される子どもの実現に責任をもつことが要請されている。  
     教育は日常性からある程度隔離して、望ましい教育環境を整えるということは大切であるが、インターネットやケ―タイなど様々な媒体から多くの情報がもたらされる環境に生きている子どもたちにとってそういった教育を考えることはできない。子どもにとって、学校や教師の影響は相対的にはますます小さいものになりつつあるからである。
     わが国の憲法の第26条で「すべての国民は、法律の定める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。