英語科教育法Ⅰ

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数155
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    英語日大教育法

    代表キーワード

    日本大学英語科教育法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     完全に“英語漬け”の環境で学ぶということではなく、外国語として学習する英語を公教育の場で日本語を母語とする教員が教えるということに関しては次のように考える。英語科の教員には多かれ少なかれ英語に携わる仕事を選んだ際の決心や、次の世代を担う子どもたちに英語の必要性やすばらしさを伝えていきたいという気持ちが備わっているという前提をした上ではあるが、自らが通ってきた道、自分の経験を最大限活用し、日々最も効果的な教育方法は何かを探究すること、そして日本語を使って英語を教えるということこそが、英語化教員の存在意義であると捉らえている。
     自分の英語を学んだ経験を振り返ると、幼少期から両親の国際化を見越した教育方針によって外国人先生による英会話クラスに属し英語に携わってきたことが思い起こされる。このことは中学校での英語を学習し、高校受験のための強化としての英語を学ぶ上ではとても有効であったと感じている。幼稚園や小学校での短期的な英会話の時間を除いて考えると、一般的に英語を教科として学び始めるのは中学校からである。中学校ではアルファベットからはじめ、英語の基礎となる文法、基本的な単語などを3年間かけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。