佛教大学通信教育部 生徒指導・進路指導の研究(初等) S0532 第一設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数444
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 生徒指導・進路指導の研究(初等)のレポートです(A評価)。
    ほとんどテキストの内容に沿っており、他からの文献の引用は無いレポートとなっているため、テスト対策の資料としても使用できるのではと思います。
    《所見のまとめ》
    教育相談は、開発的、治療的、予防的教育相談に分類され、そのは児童、生徒をその生活によく適応させ、人格の成長への援助を図るものであるという定義のもつ意味が正確に把握されているという評価でした。
    また、その際には、カウンセリング・マインドを持つことが重要であるという視点も正確に理解できている。いじめや不登校の事例への対処もしっかり言及できている、結果として大変よくまとまっているという所見をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。
     教育相談の定義とは、一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することであり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるものである(文部省編,1981)。
     教育相談は、カウンセリング以外にも様々な活動が含まれる。それは大きく分けると次の3つである。①開発的教育相談、②治療的教育相談、③予防的教育相談である。
     ①は主に、進路指導である。進路の問題は、生活への適応や人格の成長に大きく関わる問題であり、非常に重要な教育相談活動である。子ども自身が自らの適性を把握し、将来の事を考え、自ら進路を選択できるように援助することが望ましい。①には学業相談も含まれる。教育相談は、すべての児童・生徒に対して日常的に行われる個性を伸ばすための教育活動である。
     ②は適応相談とも呼ばれ、これは、さまざまな情緒的問題を抱えた子どもに対して、問題の所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。