佛教大学通信教育部 人権(同和)教育2 S0536 第一設題 B評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数457
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 人権(同和)教育2のレポートです(B評価)。
    ほとんどテキストの内容に沿っており、他からの文献の引用は無いレポートとなっているため、テスト対策の資料としても使用できるのではと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。
     同和教育とは、部落差別をなくすためのすべての教育活動をさす。部落差別によって、子どもの頃から厳しい生活を強いられ、教育の機会均等が保障されず、未だに学力格差が存在している。そのような実態を改善し、教育の機会均等と学力・進路保障を実現していくことが同和教育の重要な内容である。これは、同和地区・同和地区外両方に関わる共通の問題である。「差別を見抜き、差別を許さない」取り組みや実践が重ねられてきたが、結局「差別する側・される側」という大きな壁を作ってしまった。そして、学習内容のマンネリ化や、パターン化により、子どもたちも受け身的・座学的学習になってしまっており、一人一人が「自分らしく生きる」ことの実現を目指した学習としていくことが求められている。
     1951年、京都市で「オールロマンス事件」が起こった。部落は戦後も戦前の劣悪な環境のまま行政から放置され、市民の差別意識も変わらないままであった。部落の実態を興味本位に描いたこの小説により、部落に対する偏見や差別意識が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。