医学一般 問2 資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数213
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉施策の概要について述べよ。」

    精神保健とは、精神障害のある人や社会生活におけるストレス、欲求不満などによる精神に障害をもたらす危険のある人に対する予防や早期治療、リハビリテーションによる社会復帰を促進するための活動をいう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉施策の概要について述べよ。」
    精神保健とは、精神障害のある人や社会生活におけるストレス、欲求不満などによる精神に障害をもたらす危険のある人に対する予防や早期治療、リハビリテーションによる社会復帰を促進するための活動をいう。
    福祉施策は(1)医療対策(2)社会復帰対策・福祉対策(3)地域精神保健対策(4)老人性痴呆疾患対策(5)痴呆対応型共同生活介助(6)アルコール対策(7)薬物依存症対策。の7つの対策が挙げられる。
    (1)医療対策とは
     「精神保健及び精神障害福祉に関する法律」において、精神障害者の人権を確保し、適正な治療及び保護を目的とした入院形態や入院中の患者の処遇等に関する規定が定められている。以下の6項目の入院形態がある。
    任意入院
    患者本人の同意に基づく入院であり原則的な入院のことをいう。
    措置入院
    自傷他害の恐れのある精神障害者に対して、都道府県知事又は指定都市市長の権限で行われる強制的な入院。
    都道府県知事又は指定都市市長が指定する2名以上の精神保健指定医による診察の結果、必要と認められる場合のみ入院をさせることをいう。
    緊急措置入院
    自傷他害の恐れがある者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。