児童心理学.2 資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数115
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「家庭と地域社会における保育のあり方について述べよ」

    ① 保育における家庭環境の変化
    家庭環境について、高度成長期を堺に大きく変化したと考えられます。高度成長期を迎える前には、多くの場合、農作業などの仕事を中心に家族が助け合う生活、家族構成は祖父母、父母、子供の三世代です。子供は当然学校に通いますが、幼い子供の面倒は、労働力に乏しい女性が家事をしながらおこない、男性は家から近い作業場等で働き家族の生活を支えるということが、当時の平均的な生活スタイルで、子供は早くから労働力として働くことが出来たので兄弟も何人もいました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「乳幼児の心理についてまとめよ。」
    乳児期について
    生後から1年半までの成長期間を「乳児期」
    と呼ばれています。心理学者ピアジェによる発達段階では「感覚・運動知能」と示しています。
    心理学者ピアジュの「感覚・運動知能」とは、「対象の認識を感覚と身体運動を通じて行い、対象への働きかけのよる効果に対し気付いたり感じたりした経験により、意図的に対象に働きかけるようになる。最初は対象が見えなければ、消失してしまったように振舞うが、やがて見えないものでも存在するという事実を認めるようになる。」と定義しています。
    乳児期の子供は、目に見える対象の物だけが存在していると認識しています。これは、対象物を触ったり、口に入れたりと視覚以外の感覚で認識して初めて存在の有無を認めているためです。このような行動を重ねる事で、対象物の大きさや、硬さ、重さ、味などの感覚を経験していき、物事を記憶し近くに存在していない見えない物でも、その物の存在を認識できるようになります。
    身体機能が未発達のため、保護者の介護を要し、乳児にとって泣くことが要求を満たすための唯一の表現方法となっています。その要求とは基本的に、空腹感、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。