社会福祉援助技術演習 資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数222
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「1-5(P.18~21)の事例について、社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。」

    要介護者を抱える家庭環境について
    1、家族構成
    介護者の家族構成は次男夫婦と冬田春子の3人暮らしである。要介護者の長男の情報は無く、次男夫婦の子供たちは、あてにしたくないことを理由に介護には一切関わっていない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「1-5(P.18~21)の事例について、社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。」
    要介護者を抱える家庭環境について
    1、家族構成
    介護者の家族構成は次男夫婦と冬田春子の3人暮らしである。要介護者の長男の情報は無く、次男夫婦の子供たちは、あてにしたくないことを理由に介護には一切関わっていない。
    2、介護者の経済状況
    介護者である次男が就職先を介護のために退職し、次男の妻も定職なく継続的な収入源は無いに等しい。また、妻は中耳炎が悪化し突発性難聴を患い、週に2回通院していることもあり、次男夫婦が共に定職に着くことは困難である。
    将来的には、次男が定職に就くことも考えているが、在宅介護のためにできない状態である。
    老人福祉手当と介護慰労金の手当ての申請はソーシャルワーカーの提案により提出している。
    3、事例概要
    事例の対象者である冬田春子(仮名)87歳女性は、心臓機能障害によりペースメーカーを挿入するための入院時に、徘徊や幻覚の症状が発覚。退院後も1日に数回、徘徊を繰り返し介護者は不眠状態となり介護の負担は多大なるものである。
    在宅介護センターのソーシャル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。