人類進化の考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数310
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    前に進むのは社会全体的な成り行きである。ヒトの進化も同じように、低い段階から高級な段階まで進んでいく。人類の進化を研究すると、医療技術の進歩にかなり役を立ちになる。まだヒトの集団性から考えると、現代社会の貧困、戦争、公害などについても役に立つと思われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人類進化の考える
     
    はじめに
     前に進むのは社会全体的な成り行きである。ヒトの進化も同じように、低い段階から高級な段階まで進んでいく。人類の進化を研究すると、医療技術の進歩にかなり役を立ちになる。まだヒトの集団性から考えると、現代社会の貧困、戦争、公害などについても役に立つと思われている。
    ヒト形と質の進化
    (1)形の進化
    ホモ・ハビリスは250~200万年前に現れ、180万年前にはホモ・エレクトス(原人)が登場、いよいよヒト属の時代となった。 約20万年前、世界の人類は原人(ホモ・エレクトス)からホモ・サピエンスへの進化を経験した。周知のように、ヒト(ホモ・サピエンス)は哺乳網霊長目の一員である。ヒトの進化についての研究はまず親類縁者から始まる。ヒトの進化はまず姿勢から始まり、続いて脳の進化してきた。ヒトの進化は全体から見ると、二つの段階に分けられると思われている。第一段階は直立行走ができ、第二段階は脳の容積が大きくなり、および脳の進化である。
    第一段階は直立行走である。四足歩行から二足歩行への移行によって、身体の形や構造は解剖学的な大きく変化した。たとえば、ヒトはチンパンジーやゴ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。