Z1306-1 公民の資質

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数343
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科の歴史や学習指導要領の変遷、「授業とはなにか」、「公民的資質」を総合的に考察し、公民科授業のあり方を説明しなさい
     平成11年に学習指導要領が改訂され、公民科についても「主体的に考察させる」という文言が加えられた。教育課程審議会答申の具体的事項で示された「課題を設定し追究する学習を重視」することを踏まえた結果である。この具体的な意味は、これからの社会が高度情報化、国際化、少子高齢化の一層の進展により激しく変化すると予想され、このような変化に自ら対応する能力や態度を育成するために、生徒の現代社会に対する関心を高め主体的に課題を設け意欲的に追究し考察させる学習の充実を図ることを意図している。すなわち、実際に課題を追究し考察を深めることによって、社会的事象についての見方や考え方をしっかり見に付け、新しい事態に遭遇したときに的確に状況を分析し、主体的に対応する力を養うことを目指そうとしているのである。
     こうした「考察」を通して、現代社会についての理解を深めた上で、人間としての在り方生き方についての自覚を育てることを求めており、自己の生き方を主体的に選び取る基準を自分自身でつくることによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。