Z1110-1 教育相談

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法と今後の課題
     カウンセリングという言葉は、日本では高度成長期の後半くらいから一般化してきたように思われる。そしてカウンセリングとは専門家であるカウンセラーと、患者であるクライエントが一対一で精神的な問題を解決していくものであると認識されている。仕事や人間関係で悩むクライエントに対し、話を聞き、相手を受け入れたうえで、適切な助言を与え、社会生活に適応できるように支援していく。日本では臨床心理学としてカウンセリングを位置づけている。
     21世紀に入り、カウンセリングの持つ意味は大きくなってきた。もともと個人の悩み、主に社会生活や仕事上における精神的な問題を改善する方法として考えられていたカウンセリングが、職業や年代によってその行われ方が変わってきた。スポーツの分野や教育の分野においてもカウンセリングの重要性が認識されている。たとえばサッカー、特にヨーロッパのトップリーグでは、良くも悪くもひとつのプレーで選手としての価値が決められることもある。そのような大舞台で戦う彼らにのしかかるプレッシャーは並大抵のものではない。そのプレッシャーに立ち向かうべく、多くの名門..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。