Z1109-1 生徒、進路指導研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学・高校における生徒指導の原理は何か
     中学や高校において、どうしてここまで生徒指導が重要視されるのか、という点について疑問に感じたので、そこを追究するとともに設題である生徒指導の原理を探っていくことにする。
     まず、生徒指導とはそもそもどういうものなのか。テキストによると、生徒指導の定義として1965年に文部省が刊行した『生徒指導の手びき』の言葉を引用して「すべての生徒のそれぞれの人格のよりよき発達を目指すとともに、学校生活が、生徒の一人一人にとっても、また学級や学年、更に学校全体といった様々な集団にとっても、有意義にかつ興味深く、充実したものとなるよう指導する営み」としている。そして、今日の生徒指導の骨格は、この『生徒指導の手びき』に示されている。その中で、生徒指導の内容については、「学校がその教育目標を達成するための重要な機能のひとつである」と明示している。学校教育とは、子ども一人ひとりの人格の完成にあるといえるので、生徒指導とは、児童・生徒の人格を尊重しつつ、個々人の個性の伸長を最大限にはかり、総合的な人間形成を目指した教育活動でなければならない。言い換えると、一人ひとりの児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。