Z1306-2 教科教育法公民 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数461
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    倫理と政経を選びました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代社会」「倫理」「政治経済」のうち2科目を取り上げ、それぞれから一つずつ単元と本時を設定した上で、その授業の概要を説明しなさい。
    1.科目: 倫理
    2.単元名: 人生における哲学
    3.単元目標: 
    自己の生きる課題とのかかわりにおいて、先哲の基本的な考え方を手掛かりとして、人間の存在や価値について思索を深めさせる。
    4.本時目標:
     古代ギリシャの哲学の中心であるソクラテスとプラトンの思想を学び、グループでの議論を通じて、彼らが何を訴えたかったのか、人間とはどういうものなのかを考え、自分の意見として表現することができる。
    5.内容:
    この単元では哲学とはどういうものなのかについて学ぶが、本時はその2時限目にあたり、ギリシャの思想家について師弟関係にある2人について学習する。1時限目にギリシャ神話から自然哲学者、ソフィストまでの解説はしており、アテネの衰退や民主政治の腐敗により、混乱期に陥ったところから本時に入り、2人が登場する。
     「無知の知」を悟り、それを当時の識者や賢者に悟らせようとしたために処刑させられたソクラテス。神託を受けてから処刑にいたるまでの彼の生涯と、賢者に無知をさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。