日大通信 2010 異文化間コミュニケーション概論 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数913
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年の日大通信 異文化間コミュニケーション概論の合格レポートです。学習の参考になれば幸いです。よろしくお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    キリスト教徒は、生きるための普遍的な方法と、聖書とイエスを通じて神から人間に伝えられた価値があることを理解している。このことはある意味では、すべての人々は神の前で平等であり、そして個人個人は神の規則に従うべきであることを意味している。王や女王でさえ、この「すべての人々は神の前では平等で、個人個人が神の規則に従うべきである」という規則に従わなければならない。一方、日本の純粋な宗教である神道では、社会の最小単位は個人ではなく家族である。神道では、個人の存在は集団の一部である時のみに意義があるものである。仏教もまた、家族を日本社会の基本的な単位として強調している。日本の宗教での、人間関係におけるこのような強い注目は、最も重要なことが集団の価値であるということを示している。従って、社会の価値と規則は神から伝えられたものではなく、その代わり、何が良くて何が悪いのかはしばしば集団によって決定される。
     倫理の系統や、我々がどんな行動をするべきかという規則は、どんな宗教においても重要な部分である。キリスト教の最も重要な教えの一つは、神はすべての人を愛し、我々は個人個人として、他のすべての人々と同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。